小児採血 コツ

その目のクマ、根本から解決しませんか?


使用者のほぼ全員が効果を実感!


【脅威のリピート率93.7%

全額返金保証付きは自信があるからこそ!



↓詳細は以下より↓

アイキララ

小児採血のコツは?

小児の場合、怖がって泣いたりじっとして居られないなど
採血を素早く終わらせてあげたいですよね。

 

 

 

難しい小児の採血のコツについてまとめましたので
参考にしてみてくださいね。

 

 

 

@確実に血管がある場所を手で捜す

 

小児の場合、何度もハリを刺す事は精神的にも肉体的にも負担がかかります。
腕で採血できそうな血管が見つからない場合は足から採れそうな血管がないか、
手でさわりしっかり確かめてからハリを刺すようにする。

 

 

 

 

Aしっかり固定する

 

小児は動くので介助者がいる場合しっかりと腕を固定してもらいましょう
しっかり固定できていないとうまく血管には刺さりません。

 

 

 

Bグーパーしてもらう

 

小児の血管は細いため採血途中に流出が弱くなってきてしまう時がありますよね。
そんな時は、お子さんに採血している側の手の平を、グーパーしてもらうと
血管が伸縮してスムーズに採血する事ができます。

 

 

>>採血なしで働ける看護師の職場は?

 

 

 

 

 

 

小児採血のコツは?関連ページ

高齢者の採血をうまく行うコツは?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
新生児の採血、注意点は?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
注射が苦手な患者さんへの対処法は?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
連続で採血や注射をしている人の場合
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン