採血 コツ

その目のクマ、根本から解決しませんか?


使用者のほぼ全員が効果を実感!


【脅威のリピート率93.7%

全額返金保証付きは自信があるからこそ!



↓詳細は以下より↓

アイキララ

採血のコツをシチュエーションごと・患者のタイプごとにチェック

看護師@採血のコツ

看護師の基本とされている【採血】ですが、

採血のコツは人によって微妙に違ってくるものです。

 

そのため、
先輩看護師や同僚の看護師からアドバイスを受けたとしても
その方法で採血が上達するか?というと、実はそうではありません。

 

 

このサイトでは
採血の基本からシチュエーション別の対処法
また患者さんのタイプ別の採血のコツまでパターンに分けて
対処法とコツをまとめていきますね。

 

採血のコツがうまく掴めない。どうしても採血が上達しないといった場合には
その都度、参考にしてみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

看護師@採血のコツ【採血のコツを基本から見直す

 

採血がうまくいかなくて焦ってしまう。
そんな場合には意外にも、自分が覚えている基本の手順が間違っていた・・・なんてケースも
よくあります。

 

知らず知らずのうちに、間違えて覚えてしまっていたということは
誰しも必ずありますので
基本から見直してみるのも新しい発見があります。

 

>>採血の基本はこちら

 

 

 

看護師@採血のコツ【採血のコツをシチュエーション別でチェック】

 

採血をする場合、様々なトラブルが突発的に起きてしまいます。

 

「血管が見えない場合、どうすれば良いのか?」

 

「手背で採血をする場合のコツは?」

 

「採血の時に手が震えてしまう・・・」

 

など、シチュエーションごとの対処法をこのカテゴリでは
まとめています。

 

>>シチュエーション別 採血のコツはこちら

 

 

看護師@採血のコツ患者さんのタイプ別で採血のコツをチェック】

 

採血をしやすい患者さんばかりではありません。
中には、高齢の患者さんだったり小児患者さんだったり。

 

また、肥満気味の患者さんの採血をしなければいけない場合も
多くあります。

 

ここでは、患者さんのタイプ別に採血のコツをまとめています。

 

 

>>患者さんのタイプ別のコツはこちら

 

 

看護師@採血のコツ採血をしなくても良い、看護師の職場とは?

 

採血がどうしても上達しない・・・なんて方は意外にも多いですよね。

 

どの手技もそうですが、
やはり看護師といっても人間なので向き不向きはあります。
そんな場合には、
採血をしなくても良い職場で働くという選択肢もあります。

 

短所を克服するよりも、長所を伸ばすという考えの方が
物事はスムーズに進みますし、なによりストレスなく働けるんですね。

 

採血なしで働ける看護師の職場は意外にも多くありますので
参考にされてみてはいかがでしょうか。

 

 

>>採血なしで働ける職場とは?