真空管採血 アームダウン

その目のクマ、根本から解決しませんか?


使用者のほぼ全員が効果を実感!


【脅威のリピート率93.7%

全額返金保証付きは自信があるからこそ!



↓詳細は以下より↓

アイキララ

真空管採血でのアームダウンのコツは?

採血管内の微量の微生物が、血管に流入するのを防ぐため
採血の際は必ずアームダウンをするようにしましょう。

 

 

上手なアームダウンのコツは、椅子や枕の高さにあります。

 

 

 

 

採血台(またはデスク)の高さを、
患者さんの肩の高さよりも10?15cmぐらい下にすると、適度な高低差が付きます。

 

患者さんの身長によっては、
椅子や台・机の高さの調整が必要になることがありますので、
手際よく調整できるよう高さ変更の練習をしておきましょう。

 

 

適度な高低差がついた状態で、肘の下に枕を敷きます。

 

 

枕が高すぎるとアームダウンの意味が無くなりますし
逆に、低すぎると肘の固定になりません。

 

腕の太さや形は人それぞれ違うため
枕だけでは隙間ができて、しっくり来ない時もあります。

 

その時はタオル類を敷いて微調整しましょう。

 

 

>>【患者のタイプ別】対処法のコツはこちら

 

 

 

 

 

 

 

真空管採血でのアームダウンのコツは?関連ページ

採血の手順と注意点
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
血管の探し方について
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
採血をする場合、血管の選び方は?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
採血の観察項目は?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
血管が逃げる場合の対処(3つのポイント)
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
刺入角度で注意することは?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
採血の時、どう声かけするのが良い?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
血管を出しやすくする方法
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
駆血帯を巻く時の注意点とコツ
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
血管が破れるのを防ぐには?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
採血で避ける部位は?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
採血の際、針をスムーズに抜くコツは?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
真空管採血での駆血帯についての注意点
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
真空採血をうまく使うコツは?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
真空採血管を使う場合、血管に入ったのを確認する方法は?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
皮下出血を作らないための工夫
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
血管を貫通させないポイント
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
血液が漏れるのを防ぐには?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン