採血 コツ

その目のクマ、根本から解決しませんか?


使用者のほぼ全員が効果を実感!


【脅威のリピート率93.7%

全額返金保証付きは自信があるからこそ!



↓詳細は以下より↓

アイキララ

血管が破れるのを防ぐには?

血管は人によって太さや強度が異なるものです。

 

そのため細い方によっては、
針を入れただけで破れてしまうことがあります。

 

 

こうした状況を防ぐためには、
血管を太くして、破れにくくする必要があります。

 

 

 

 

 

ではどのようにすればいいのか説明します。

 

 

細い血管になっているかたは、
なるべく強くさすって熱を加えてください。

 

 

それによって血管が膨張し、少しだけ太くなります。

 

太くなった血管に注射針を刺すことで、
血管が破れにくくなります。

 

 

 

また注射針を刺す時には、
なるべく角度を浅くすることが大切です。

 

直角に近くなればなるほど破れやすくなりますので気を付けてください。

 

30度くらいを目安に差すことで、
血管にかかる負担を減らすことができます。

 

 

>>【患者のタイプ別】対処法のコツはこちら

 

 

 

 

 

 

血管が破れるのを防ぐには?関連ページ

採血の手順と注意点
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
血管の探し方について
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
採血をする場合、血管の選び方は?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
採血の観察項目は?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
血管が逃げる場合の対処(3つのポイント)
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
刺入角度で注意することは?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
採血の時、どう声かけするのが良い?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
血管を出しやすくする方法
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
駆血帯を巻く時の注意点とコツ
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
採血で避ける部位は?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
採血の際、針をスムーズに抜くコツは?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
真空管採血での駆血帯についての注意点
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
真空採血をうまく使うコツは?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
真空採血管を使う場合、血管に入ったのを確認する方法は?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
皮下出血を作らないための工夫
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
血管を貫通させないポイント
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
真空管採血でのアームダウンのコツは?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
血液が漏れるのを防ぐには?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン