採血 観察項目

その目のクマ、根本から解決しませんか?


使用者のほぼ全員が効果を実感!


【脅威のリピート率93.7%

全額返金保証付きは自信があるからこそ!



↓詳細は以下より↓

アイキララ

採血の観察項目は?

まずは、患者の年齢や体格と性格を観察します。
基礎疾患とそれに伴う症状で、
出血傾向や浮腫があるかどうかを観察します。

 

 

感染症やアレルギーがあるかどうかや
麻痺などの神経障害があるかどうかを観察します。

 

シャントやシャント造設予定があるか、
疼痛があるかどうかとあれば部位を確認します。

 

血管の走行が見えるかや血管が蛇行しているかを観察します。

 

血管の太さや弾力性があるかどうか、
検査の所見での動脈硬化があるかを確認します。

 

 

治療方針と患者への説明内容を把握しているかを確認し、
採血中から採血終了後までの患者の状態を観察し、ショック症状や皮下血腫、
神経・動脈を損傷していないかを観察します。

 

最後に止血の状況も観察します。

 

 

>>【患者のタイプ別】対処法のコツはこちら

 

 

 

 

 

 

採血の観察項目は?関連ページ

採血の手順と注意点
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
血管の探し方について
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
採血をする場合、血管の選び方は?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
血管が逃げる場合の対処(3つのポイント)
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
刺入角度で注意することは?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
採血の時、どう声かけするのが良い?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
血管を出しやすくする方法
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
駆血帯を巻く時の注意点とコツ
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
血管が破れるのを防ぐには?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
採血で避ける部位は?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
採血の際、針をスムーズに抜くコツは?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
真空管採血での駆血帯についての注意点
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
真空採血をうまく使うコツは?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
真空採血管を使う場合、血管に入ったのを確認する方法は?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
皮下出血を作らないための工夫
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
血管を貫通させないポイント
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
真空管採血でのアームダウンのコツは?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
血液が漏れるのを防ぐには?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン