採血 血管 逃げる

その目のクマ、根本から解決しませんか?


使用者のほぼ全員が効果を実感!


【脅威のリピート率93.7%

全額返金保証付きは自信があるからこそ!



↓詳細は以下より↓

アイキララ

血管が逃げる場合の対処(3つのポイント)

毎日多くの患者様の採血をしていると、
採血が難しい血管をお持ちの方もいらっしゃいます。

 

 

針を刺そうとしても血管が動いてしまう、
一般に「血管が逃げる」といわれる状況になると
時間もかかりますし、患者様も不快な思いをされます。

 

血管を動きにくくする3つのポイントに注意して、
スムーズに採血できるようになりたいものです。

 

 

 

@見やすさにだまされない

 

目で見てわかりやすいのは
浅い位置にある血管なので、ついその血管を選択してしまいがちです。

 

しかし浅い血管は動きやすいのです。

 

左指で上手にホールドできれば
浅い血管でもスムーズに採血できますが、
ホールドに自信が無い場合は、少し深い位置の血管を選ぶと良いでしょう。

 

また、血管が2股に分岐するポイント(分岐点)も動きにくいので、
ここを選ぶという方法もあります。

 

 

 

 

A左の指の使い方

 

針を刺す前に、
左の指でどれだけ上手にホールドできるかが重要です。

 

左の1・2指を使って上の方から軽く引っ張るようにすることで、
血管は動きにくくなります。

 

 

 

 

B駆血帯

 

駆血がきつすぎると、
怒張しすぎて血管が逃げやすくなります。

 

逃げないまでも、あまりにも怒張しすぎると溢れてしまうこともあるので、
きつすぎるのは良くありません。

 

更に、駆血帯に近すぎる位置は難しいので
150ミリ以上の間隔を取りましょう。

 

 

>>【シチュエーション別】対処法のコツはこちら

 

 

 

 

 

 

血管が逃げる場合の対処(3つのポイント)関連ページ

採血の手順と注意点
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
血管の探し方について
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
採血をする場合、血管の選び方は?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
採血の観察項目は?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
刺入角度で注意することは?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
採血の時、どう声かけするのが良い?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
血管を出しやすくする方法
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
駆血帯を巻く時の注意点とコツ
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
血管が破れるのを防ぐには?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
採血で避ける部位は?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
採血の際、針をスムーズに抜くコツは?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
真空管採血での駆血帯についての注意点
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
真空採血をうまく使うコツは?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
真空採血管を使う場合、血管に入ったのを確認する方法は?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
皮下出血を作らないための工夫
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
血管を貫通させないポイント
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
真空管採血でのアームダウンのコツは?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
血液が漏れるのを防ぐには?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン