採血 血液 漏れる

その目のクマ、根本から解決しませんか?


使用者のほぼ全員が効果を実感!


【脅威のリピート率93.7%

全額返金保証付きは自信があるからこそ!



↓詳細は以下より↓

アイキララ

血液が漏れるのを防ぐには?

血液が漏れるとなぜいけないか
、血液が漏れるとまず青タンのように見えます。

 

 

漏れた血液の量が多いと痛みも感じるでしょう。

 

漏れた血液は体内に再吸収されるので
時間は少しかかりますが大きいな問題にはなりにくいでしょう。

 

 

ただ、採血を受けた側の患者さんからしたら大きなストレスになることでしょう。

 

 

この状態を防ぐためにできることはいくつかあります。

 

 

 

 

まず、一度針を刺したら中で血管を探さない。

 

探すとそれだけ体内を針でつつくことになるので血の出る個所を増やしてしまいます。

 

針を刺したら一発で血管に入れたら開く穴は一個です。

 

採血が一回でうまくいったとしても安心はできません。

 

 

 

採血後にも血液は漏れることがあります。

 

空いた穴は瞬間的にはふさがらないのです。

 

それを塞ぐために患者さんには採血決した場所を数分押さえていただく、
その時にもみながら押さない、せっかく穴がふさがっても重い荷物を持ったり、
服でしまったりしないように注意点をお伝えして、患者さんにも協力していただく。

 

いくつものポイントをクリアして血液の漏れない採血は行えるのです。

 

 

>>【患者のタイプ別】対処法のコツはこちら

 

 

 

 

 

 

 

血液が漏れるのを防ぐには?関連ページ

採血の手順と注意点
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
血管の探し方について
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
採血をする場合、血管の選び方は?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
採血の観察項目は?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
血管が逃げる場合の対処(3つのポイント)
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
刺入角度で注意することは?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
採血の時、どう声かけするのが良い?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
血管を出しやすくする方法
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
駆血帯を巻く時の注意点とコツ
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
血管が破れるのを防ぐには?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
採血で避ける部位は?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
採血の際、針をスムーズに抜くコツは?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
真空管採血での駆血帯についての注意点
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
真空採血をうまく使うコツは?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
真空採血管を使う場合、血管に入ったのを確認する方法は?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
皮下出血を作らないための工夫
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
血管を貫通させないポイント
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
真空管採血でのアームダウンのコツは?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン