採血 手順

その目のクマ、根本から解決しませんか?


使用者のほぼ全員が効果を実感!


【脅威のリピート率93.7%

全額返金保証付きは自信があるからこそ!



↓詳細は以下より↓

アイキララ

採血の手順と注意点

採血の手順と注意点について説明しますね。

 

 

 

熟練の経験者なら問題無いですが、
採血が苦手だという場合には注意すべきものです。

 

採血時の手順、
注意点についてまとめると以下のようなものになります。

 

 

 

 

まず採血前に、
検査するのにまずどのくらいの量を摂ればいいか
決めて必要物品を準備します。

 

その後は以下の流れになります。

 

 

 

 

@駆血し消毒を行う

 

駆血帯を針を入れる箇所から約5から10cm中枢側に巻き、受診者に指を握り軽く力を入れてもらいます。
静脈の走行を指で確認し、針を刺す箇所中心に外側に向かって消毒します。

 

 

 

A採血針の刺入

針刺入角度は約10から20度で、深く刺さず、刺した後は痺れ等がないか確認します。

 

 

 

Bホルダー内に真空採血管の挿入

採血管をホルダー内に真っ直ぐ挿入し、採血管内に血液が入ります。

 

 

 

C血液流入停止後、真空採血管をホルダーから取る

血液の凝固剤入り採血管の時は採血のあとすぐに混和します。

 

 

 

D駆血帯を外す

受診者に終わった事を伝えて、握った手を開き力を抜いて良いと伝えます。

 

 

 

E針を抜いて止血

針を抜いた時の出血を止血するまでアルコール綿で2、3分圧迫するように伝えます、マッサージは不要です。

 

 

 

F絆創膏等をつける

再び出血を防ぐ為にアルコール綿や絆創膏で固定です。

 

 

 

 

 

 

これが採血の一連の流れです。

 

 

 

ただ、それぞれの患者さんによって前準備だったり
実際に行う細かい業務は異なってきます。

 

 

 

 

私の病院では、
注射器、注射針、駆血帯、消毒用アルコール綿、
テープ、ディスポーサブル手袋、専用の針捨て容器、採血管を用意します。

 

 

寝たきりの患者様が多いので、
寝たまま採血を行います。

 

 

 

 

 

採血前に必ず声かけをします。

 

意識のない患者でも、
耳だけは死ぬまで生きている器官と言われているので必ず行います。

 

 

これは、周りから見たときも印象が良いです。

 

当院の看護師でも、
意識の内患者さんに声かけせずに実施する人もいますが、
自分がその人の家族だったらとても嫌な気分になります。

 

 

そして、声かけをし
「今から血液の検査をするので、血をとりますね。」と。
「トイレは大丈夫ですか?」とも声かけします。

 

 

採血を「痛い」と感じる人が殆どだと思いますが
緊張すると血管収縮しトイレに行きたくもなりますし、
採血中にトイレには行けないからです。

 

 

 

 

身体の麻痺がある場合、健常側で採血します。

 

これは、高齢者の場合ただでさえ血管が細いのに、
麻痺があると血液循環も良くないのでますます血管が細いからです。

 

麻痺がないか確認し、
腕の一番太い血管を探します。

 

 

 

駆血帯で血管圧迫し、酒精綿で消毒、刺入します。

 

採血後はすぐに採血管に血液を入れて
上下左右にゆっくり振ります。

 

 

 

 

採血管によっては、
血液とまぜる薬剤がはいっている事もあります。

 

 

酒精綿・テープで刺入部を押さえ意識のある患者であれば、
その部分を押さえてもらい終了したことを伝えます。

 

 

 

最初に持ってきた物品の数と、
終了後部屋を出るときの物品の数があっているかも確認します。

 

 

ベッドサイドに針忘れ事故をしないためです。

 

以上、採血の手順と注意点でした。

 

 

>>【シチュエーション別】対処法のコツはこちら

 

 

 

 

 

 

採血の手順と注意点関連ページ

血管の探し方について
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
採血をする場合、血管の選び方は?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
採血の観察項目は?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
血管が逃げる場合の対処(3つのポイント)
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
刺入角度で注意することは?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
採血の時、どう声かけするのが良い?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
血管を出しやすくする方法
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
駆血帯を巻く時の注意点とコツ
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
血管が破れるのを防ぐには?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
採血で避ける部位は?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
採血の際、針をスムーズに抜くコツは?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
真空管採血での駆血帯についての注意点
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
真空採血をうまく使うコツは?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
真空採血管を使う場合、血管に入ったのを確認する方法は?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
皮下出血を作らないための工夫
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
血管を貫通させないポイント
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
真空管採血でのアームダウンのコツは?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
血液が漏れるのを防ぐには?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン