看護師

その目のクマ、根本から解決しませんか?


使用者のほぼ全員が効果を実感!


【脅威のリピート率93.7%

全額返金保証付きは自信があるからこそ!



↓詳細は以下より↓

アイキララ

血管が見えない時の採血のコツは?

パッと見で血管が見えなければ、
まず見えるようになる血管を探すことです。肥満体の方にこの傾向が多いです。

 

 

 

まず、第一選択の肘関節の内側ですが、
大体1本くらいは見える血管があるものですが、稀に1本も見えない方がいます。

 

肘関節の血管が見えないということは、
腕全体の血管が細いか、深いところに埋まっているタイプの可能性がありますから、
温タオルやお湯で局所的にではなく、腕全体を温めていただきましょう。

 

 

肘関節の正中には見えないが太い血管があります。

 

ここは指の感触、
血管の弾力で場所が分かるのですが、見えずに深いので経験が必要です。

 

 

 

しっかり温めてもらったら、
駆血帯を装着し、患者さんに数回手をグーパーしてもらい、焦らず血管を探します。

 

肘関節からだんだん下の方の血管を探します。

 

採血できそうな血管を見つけても、
時間が経っているようでしたら一度駆血帯を外し、患者さんにも楽にしてもらいましょう。

 

 

見えないのに焦って採血をしてしまい、
数少ないチャンスを潰してしまうのだけは避けましょう。

 

 

また、新人の方にとってはかなりの難関なタイプですから、
自信が無い場合は先輩看護師、又は採血を得意とする看護師に依頼し、
どのように行うか見本を見せてもらうのも良いと思います。

 

患者さんに余計な負担をかけることの無い処置を
心がけるのも大切です。

 

自分の実力にあった経験を積んでいくようにするのが良いです。

 

 

>>【患者のタイプ別】対処法のコツはこちら

 

 

 

 

 

 

血管が見えない時の採血のコツは?関連ページ

手背での採血のコツ
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
採血の時に自分の手が震える。対策は?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
太い血管でも失敗する場合の理由は?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
血管が見えない場合にはどうする?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
血管が細い時の対処法は?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
座位での採血における位置関係の注意点
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
手首での採血、痛くなくするコツは?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
肥満気味の方から採血を行う時
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
血管が逃げる場合の採血のコツは?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
シリンジ採血で引けなくなる、どうしたらいいの?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
点滴中の採血をする場合、注意点は?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン
血管が怒張しない場合にはどうする?
採血のコツをまとめてチェック!看護師の採血上達ガイドライン